栄養士・管理栄養士の職場の実状

栄養士・管理栄養士の職場の実状

社員食堂や学生寮(学食)で働く栄養士・管理栄養士の仕事について

栄養士・管理栄養士は喫食者に喜ばれる美味しい食事を提供すると共に、健康増進や生活習慣病予防、子供の健康や発育などに配慮した献立を作成し、栄養管理や健康管理を行う仕事をしています。

働く職場ごとに求められる献立の内容は異なってきます。当然育ち盛りの学生とデスクワーク中心で運動不足のサラリーマンとでは求められる献立が違ってきます。

社員食堂や学生寮(学食)等の施設では健康増進法や労働基準法などの法律で、栄養士または管理栄養士の配置に努めるよう定められています。また、1回300食または1日750食以上の食事を提供する施設では、栄養士のうち少なくとも1人は管理栄養士でなければならず、1回300食以上の食事を提供する社員寮については、栄養士を配置しなくてはなりません。

健康志向が高まっている現代において、家庭での食事だけでなく職場や学校などで食べる食事もより健康なものが求めたれるようになってきており、書籍やネットなどでも様々な情報であふれ、栄養士・管理栄養士の存在はより重要なものになっています。

食事を喫食する対象者について

社会人は若い方から60代後半までの幅広い年齢層の方が対象となるため、生活習慣病やメタボ(内臓脂肪型肥満)などを意識した献立作りが求められています。また、学生向けの食事では成長期に必要な栄養素とボリュームが求められます。

栄養士の仕事内容について

栄養士・管理栄養士の仕事には様々なものがあります。代表的なものとして「献立作成」「食材発注」「調理・調理補助」「衛生管理」「他の作業員への様々な指導」などがあります。

私が今まで見てきた現場では、栄養士の他に調理師がいるいないにかかわらず、まとめ役を任されるような場合が多かったです。

社員食堂、学生寮などでは日替わり定食のみを提供するパターンや、自分で複数のメニューから好きな単品料理を選ぶスタイルなどさまざまなスタイルがあります。

栄養士・管理栄養士は、利用者がどのような選択をしても栄養バランスがよくなるようなメニューを工夫して作ります。

利用者の健康相談や栄養指導を行う場合もあります。

利用者からのアンケートや健康診断の結果をもとに個別に食生活改善のアドバイスを行います。

献立の栄養価や塩分を表示したり、ポスターなどで健康について利用者に健康増進に役立つ情報発信なども行います。

昼食の提供が一般的ですが、朝食や夕食(夜食)などを提供する場合もあります。社員寮や学生寮などでは企業や学校で昼食をとるため、朝食、夕食の提供が主になります。

社員食堂、社員寮、学生食堂、学生寮、また少し変わった職場としてはスポーツ選手などへ向けた食事の提供を行う食堂もあります。

最近のデータでは、食堂全般に言えることですが直営方式ではなく食堂委託会社への委託方式の割合が高まってきています。人材不足や人材教育、採算をとるための運営ノウハウなどの点から直営方式で行う場合、運営を行う企業や団体、学校の負担が増えてしまってきているのが原因とされています。

栄養士・管理栄養士の待遇について

平均的な基本給は月給15万円~25万円です。専門学校などから新卒で大手委託会社に就職する場合などは入社一年目は契約社員扱いとなりある程度経験を積んでから正式な社員となる場合もあります。

また、企業によっては管理栄養士となるとさらに1万~5万円程度手当がつく場合があります。その他家族手当や住宅手当、食事補助なども付く場合が多いです。

勤務時間・休暇などについて

食堂などの職場の場合シフト制で勤務する場合が多いです。

食事を提供する仕事の場合、食事を調理提供する作業の前や後に、仕込みや後片付け掃除などの作業が発生します。そのため、早番や遅番といった人員も必要となってくる場合も多く、2交代制や3交代制などで働く職場も多いです。

休暇についてはもちろん職場にもよりますが、食事を提供するサービスの為365日休みなく職場が動く場合もあり、曜日に関係なくローテーションで休みを取るようなスタイルの職場も多いです。有給休暇は、正社員の場合には採用後六カ月を過ぎると、10日程度取得できる権利が発生します。

社員食堂・学生食堂で働く栄養士に必要な心構えについて

社員食堂や学生寮(学食)などで働く栄養士・管理栄養士は幅広い客層に飽きずに召し上がっていただけるよう提供する献立にバリエーションを持たせる必要があります。ネット上には様々なメニューが紹介されていますが、やはり見るのと実際に現場で大量調理してみるのとでは違ってしまうことも多々あります。休日などは実際に美味しい物を食べ歩いてみたり、雑誌やレシピ本などで情報収集を常にする必要があります。また、健康管理を求められる職場では生活習慣病の予防や肥満予防対策などの知識が必要になるため、そういった勉強も欠かせません。また同じ職場で働くスタッフや委託する側の企業や学校などの担当者との様々な打ち合わせや交渉など、人間同士のコミュニケーションスキルも必要となってきます。

食堂で働くやりがいについて

社員食堂の種類

食堂はお客様と距離が近いため、食事の感想や意見を要望をすぐに聞ける機会が多いと言えます。苦労して考案した新メニューがお客様に喜んでいただけたときは、何物にも代えがたい達成感があります。また、美味しさの面だけでなく、栄養相談を求められる職場などでは、利用者からの栄養相談などに応えることで「体調が良くなった」「ウエストが細くなった」など健康面でサポートすることもでき利用者から感謝の声をかけていただくこともあります。医療関係以外の仕事で健康面のサポートができる仕事も栄養士ならではです。

「自分の作った食事でお客様を喜ばせたい」そんな方にはぴったりの仕事かもしれません。大量調理の現場には必ずと言っていいほど栄養士が在籍しています。興味のある方は気軽に職場のことについて相談してみるといいかもしれません。

無料試食のお申し込みお問い合わせ
介護の食事 シェフクックのシェフズパック
採用情報はこちらから
仕出し・別注弁当についてはコチラ
社員紹介はこちらから
0280-33-3292

タップで電話がかかります。