新しい社員食堂サービスの形

様々な社員食堂の在り方

様々な社員食堂の在り方

福利厚生のために社員食堂を作りたいという企業は多くあると思いますが、やはり様々あるハードルの一番にコストの問題があるかと思います。しかし、現在様々な福利厚生としての食事提供サービスが新しく出てきていますのでメリット・デメリットを交えご紹介させていただきます。

一般的な社員食堂に必要な初期費用について

昔からあるオーソドックスな現地調理の社員食堂を持つためには、設備に対する初期費用が必ず必要となります。冷蔵庫、冷凍庫、ガス台やフライヤーなど業務用の大型の調理器具が必要なだけでなく、排気と吸気の為の空調設備や、排水と給水の為の上下水道設備、もちろん電気の配管工事などもあります。最低限必要な大型の物だけでもこれだけありますので、このほかに作業台や棚、細かな調理器具など一式そろえますとそれはもう非常に高額になってしまいます。もちろん規模にもよりますが、数百万~数千万の見積もりとなってしまいます。

そして当然ではありますが、現地調理しようと思えは、献立を考える栄養士、調理を行う調理師、そしてそのサポートをするパートアルバイトスタッフなどの人件費も毎月必要になってきます。

従業員の福利厚生の一つとして社員食堂を持ちたい!しかしそんなに多額の費用が必要ならあきらめよう。という企業様も実際には多いかと思います。

社員食堂の持つ効果

以前のコラムでもご紹介していますが、社員食堂を企業が持つことで従業員に対する様々な効果があります。第一に安い価格で昼食をとれることで、従業員の金銭的な負担を減らす効果があります。昼食は毎日の事、僅かな価格差でも積み重なれば大きな差となって従業員のお財布事情に影響してきます。年齢が若い従業員がお金を気にして、体に悪いジャンクフードやカップラーメンなどでお腹を満たしているようでは健康面からも仕事に差し支えます。バランスの良い食事を食べてもらい、従業員に少しでも健康でいてもらうことは長い目でみても必ず企業側のメリットにつながります。

また、会社の敷地外に昼食を買いに行くような場合、移動に時間がかかるため効率的に休息が取れず午後の仕事に支障が出ることも考えられます。昼休憩では少しでも従業員にリラックスしてもらい午後もパワフルに働いてもらうためにも昼食を企業側が準備することは大切と言えます。

もちろん従業員同士が一緒に食事をとることで密なコミュニケーションをとることにも繋がり、より良い職場の雰囲気作りにも大きく影響することでしょう。

新しい食の福利厚生サービスについて(置き型サービス)

こんなにも企業側にメリットをもたらす社員食堂。しかし高コストであるがゆえに持てない企業が多い中、近頃は様々な形で企業の食事をサポートする福利厚生サービスが出てきました。

オフィスなどで近年人気が出てきたサービスで、調理済みの個包装のお惣菜をレンタル冷蔵庫に入れて職場の休憩所などにおいておき、従業員がおのおの好きなお惣菜を取り出しレンジなどで加熱して食べるというサービスです。「初期投資がほぼ必要なし」「自分の好みに合わせて好きなだけ選べる」、「食事休憩をとれる時間がバラバラ」などオフィスワーク中心の企業などにフィットしやすいサービスであると言えます。

これによく似たサービスに野菜を食べやすくサラダやスティックにしてレンタル冷蔵に配達するサービスや、お菓子を置いておくサービスなど様々な食の「置き型」サービスが登場してきました。しかしこの置き型サービスは、比較的都心部のオフィスワークが中心の企業との相性は良いのですが、従業員数の比較的多い企業とはあまり相性が良くありません。大人数が一度に置き型サービスに集中してしまうとどうしてもスムーズな食事休憩が取れません。

また、ボリュームや食事のバリエーション(丼物や麺類など)の点においても完全に企業の昼食をサポートしきれない場合が多いと思います。あくまで福利厚生の内の一つとしての食の補助的な位置づけでしょう。

セントラルキッチン方式の社員食堂サービスについて

置き型サービスなどではなく、しっかりとした食事(定食や丼物、麺類など)を提供したい場合にはやはり高額な負担を企業側は覚悟するしかないのでしょうか?

そんな問題を解決するために近年新しく注目されているサービスにセントラルキッチン方式を用いた社員食堂サービスがあります。

ファミリーレストランチェーンなどの外食産業などでは導入が進んでいる方式です。現地調理をしようとすると設備投資や人件費が膨らんでしまうため、セントラルキッチンと呼ばれる加工工場で下処理や調理をしてしまい、その後冷蔵や冷

凍の温度帯に冷やすなどの方法で賞味期限を延ばします。現地ではそれを再加熱するなどの最低限の加工をするだけで、できたてのような美味しい食事が提供できるサービスです。

この方式の食堂の場合、企業側が負担する設備投資の最小限化や、現場で働くスタッフの省人化が可能であるため、「初期投資、「月々のランニングコスト、「食事代」のすべてを従来の社員食堂に比べ安く抑えることが可能です。

しかし、ほぼ毎日メニューが同じ外食チェーンなどでは導入がしやすいですが、毎日日替わりの献立を提供する社員食堂委託業者ではなかなか導入が進んでいないのが現状です。

社員食堂はシェフクックにお任せください!

まとめ

弊社シェフクックではセントラルキッチン方式を社員食堂にも導入しております。お客様の条件に合わせた最小限の費用で社員食堂を導入いただくことができます。社員食堂だけでなく、学生食堂(学生寮)やスポーツ施設、障がい者支援施設や介護施設まで様々な形態のお客様に合わせてお食事をご提供させていただきます。

まずはお気軽にご連絡ください。無料資料のご請求、もしくは弊社営業マンが直接ご説明にお伺いさせていただきます。ご連絡お待ちしております。

無料試食のお申し込みお問い合わせ
介護の食事 シェフクックのシェフズパック
採用情報はこちらから
仕出し・別注弁当についてはコチラ
社員紹介はこちらから
0280-33-3292

タップで電話がかかります。