社員食堂と従業員(社員)の健康増進について

様々な社員食堂の在り方

近年の偏食や様々な食事制限ダイエットブーム、食事内容の欧米化などの日本人の食文化の変化も相まって現代人の食事のサイクルは大きく変化していると言えます。
今回フォーカスを当てる会社勤めの方の中には、仕事に合わせてしまい肝心の自分の食事は後回しになり、日中食事をしっかりとらない方が以外と多いです。
仕事中での長時間の移動や会議、仕事の勤務体系など、やむを得ず休憩がずれてしまうことは誰しもが一度は経験したことがあるでしょう。
朝食・昼食を食べず缶コーヒーや清涼飲料水などで、そのまま一日過ごしてしまい、夜にドカッと食べて吞んでをしてしまう方も非常に多いです。
偏った食事内容、食事サイクルは確実に体を蝕んでいきます。朝食・昼食・夕食をタイミングよく、バランスの取れた内容で摂取することが健康への第一歩です。
前置きが長くなってしまいましたが、会社の福利厚生に社員食堂サービスが導入されれば、企業は従業員に仕事をさせながら、健康増進をサポートすることができるようになります。

「健康経営」という言葉があります。社員の健康管理を企業の長期的な経営戦略の一つとして考えることを指します。従業員に健康を維持させるということは、会社全体の生産性向上に繋げることができることから、政府(経済産業省)も提唱している取り組みです。

社員食堂で栄養士が内容を考えたバランスのよい食事を提供することで、きちんと野菜を摂取できたり、塩分を控えたりすることができます。よって従業員の健康をサポートすることができます。
バランスの良い食事はカラダだけでなく心の健康を整えることにも繋がります。ストレスへの抵抗力が強くなるのです。
また、社員が健康になると病院に行く機会が減り、企業の医療費の負担が軽減できます。社員食堂は企業と社員双方にメリットがあるのです。

社員食堂と昼休憩について

社員食堂があることで昼休み(昼休憩)の時間を無駄なく効率的に使うことができるようになります。社員食堂がないとコンビニや近隣の飲食店に行くことになります。お昼時には混雑が予想され、結果的に休憩時間が短くなってしまいます。それを気にしてランチをしっかり食べない人もいます。また、早く食べ終わろうとしてよく噛まないということにも繋がります。よく噛まずに食べることは肥満や消化器系のトラブルに繋がります。社員食堂があればお昼ご飯をすぐに食べることができるので、食べ終わった時間で仮眠や歯磨き、授業員同士でおしゃべりをする時間をとったりすることができ、リフレッシュして午後の仕事に繋げることができるのです。昼休憩の時間は従業員の健康にも深く関係しているのです。

社員の心のケアと社員食堂について

社員食堂があることで従業員どうしのコミュニケーションの場を作ることができます。普段の仕事では話す機会の無い従業員同士でも休憩時間が同じであればテーブルを共にすることができます。他にの支店や支社から来た同僚とも一緒に食事をすることで普段は取れないコミュニケーションをとることができます。
社員同士でのコミュニケーションが円滑になると仕事にも良い影響があります。社員同士が仕事上で助け合うような関係になると円滑に仕事が回ることでしょう。社員食堂は社内の人間関係を良好にする効果が期待できます。従業員同士のコミュニケーションに重きを置きたい企業は是非導入をお勧めします。社員が会社を辞める理由の上位の1つに「人間関係」があります。この問題の軽減に役立つということは社員の心のケアに繋がるということであり、離職率を下げたい企業側としても大きなメリットがあると言えます。

まとめ

まとめ

社員食堂は従業員の体と心の健康のケアに大きな意味を持ちます。従業員を大切にしているということが伝われば、仕事に対するやる気にも大きく影響することでしょう。もちろん社員食堂を持つということは簡単なことではありません。コストの問題やスペースの問題などがあります。そこでシェフクックがサービスを行っているセントラルキッチン方式の社員食堂をお勧めします。企業様側が負担する社員食堂を持つためのコストや厨房スペースなどの問題をしっかりと解決させていただきます。ご興味がある方は是非弊社のホームページを一度ご覧ください。お客様のご要望に合わせた社員食堂をご提案させていただきます。ご連絡お待ち申し上げております。

無料試食のお申し込みお問い合わせ
介護の食事 シェフクックのシェフズパック
採用情報はこちらから
仕出し・別注弁当についてはコチラ
社員紹介はこちらから
0280-33-3292

タップで電話がかかります。