福利厚生のアウトソーシングについて

福利厚生のアウトソーシングについて

企業にとって優秀な社員にどれだけ定着してもらうか(人材確保)、または求職者に対してどれだけ自社をアピールできるかはこれからの高齢化社会において重要な課題であると言えます。その課題を解決するために各社福利厚生の充実に力を入れているかと思います。福利厚生の充実は下記のような効果が期待されます。

1 社員のモチベーション向上
2 企業のブランディング力アップ
3 社員同士のコミュニケーションの活性化
4 新卒・中途採用の向上
5 離職率の低下

しかし、福利厚生には様々な種類がありますが、本腰を入れて充実させようとすると当初想定していた以上の費用や人手が必要となる場合がほとんどです。担当部署の負担もとても大きくなってしまうこともあり、本来の業務に支障が出てしまうといったことも考えられます。
企業のそういった悩みを解決してくれる手段の一つに福利厚生のアウトソーシングがあります。福利厚生に繋がるようなサービスを専門にしている業者に導入を委託することで、より安く、よりスピーディーにまた満足度の高い福利厚生を導入することができます。

福利厚生の種類(法定福利と法定外福利)について

福利厚生には2種類あります。法定福利と法定外福利があります。

法定福利とは法律で従業員に対して提供が義務付けられている福利厚生。
・厚生年金
・健康保険
・雇用保険
・介護保険
・労災保険
・子供子育て拠出金など
その他労働基準法に基づく災害補償の費用、障がい者雇用納付金などがあげられます。

〇法定外福利とは法律で決まっている法定福利以外の福利厚生の事で、企業が独自に導入するものを指します。
例)・社員食堂
・育児支援
・家賃補助、社員寮の提供
・健康診断の実施や費用負担
 ・社内部活動への補助金支給
・レクリエーション旅行の費用援助 ・特別休暇
などが代表的なものとして挙げられます。

福利厚生のアウトソーシングする理由

福利厚生のアウトソーシングサービスを提供する会社を利用することのメリットとはなんのでしょうか。

1 福利厚生サービスの提供コストを抑えることができる
福利厚生アウトソーシングサービスを提供している会社は、スケールメリットを生かし低価格でサービスが利用できるようお得な価格設定にしています。自社で一つ一つの福利厚生サービスを利用できるようにした場合と比較しても大幅にコストを抑えることができます。一人当たり数百円で様々なサービスの利用が可能になる会社もあります。中小・零細企業でも多種多様な福利厚生サービスを従業員に提供できるようになりました。

2 多種多様な福利厚生メニューで様々な年齢層の従業員にサービスを提供できる
福利厚生と一言にいっても従業員の性別・年齢・家族構成・住まいなど一人一人必要としている内容は異なってきます。福利厚生アウトソーシングサービスを提供している会社は豊富な種類の福利厚生メニューを用意しているため、若い社員からベテラン社員までそれぞれの年代に適したものがきっと見つかります。例としてはスポーツジム・映画館・レストランなどで使えるお得な割引チケットなどのプライベートを豊かにするようなサービス。健康サポート、介護、福祉関係サービスなどの安心して暮らせる為のサポートサービスなどがあります。

3 すぐに導入ができる
インターネットなどで調べることで様々な福利厚生があることが分かったとしても、自力でそれを自社に落とし込む作業は非常に大変です。従業員数が多い会社であるほど余計に導入までの煩雑な作業・管理が必要となることでしょう。
福利厚生アウトソーシングの会社は既存のプラットフォームを使うことで、導入の際の事前準備の手間を大幅に削減してくれます。当然アウトソーシング会社からサービス内容を提案してくれるので事前に調べる手間すらいらないのです。

福利厚生アウトソーシングサービスの種類

福利厚生アウトソーシングサービスは大きく2種類あり「パッケージプラン」「カフェテリアプラン」というものに分けられます。パッケージプランとは定額制での利用する方式で、パッケージ化された福利厚生の中から好きなものを選び利用する方式です。社員数が多く、年齢層が幅広い企業などに適していると言えます。また、用意されているサービスの割引料金はあらかじめ設定されており、その範囲でしか利用できないことも特徴です。
カフェテリアプランとは社員がサービスを選択でき、さらに企業に合わせ内容を変更できることなどが特徴です。社員にポイントを付与し、そのポイントの範囲内で好きな福利厚生サービスを選べる仕組みです。

{カフェテリアプランの例}
・メンタルヘルス関係費補助
・レジャー施設利用費補助
・宿泊施設利用費補助
・介護サービス利用費補助
・商品券・薬品購入費補助
・不動産売買・民間賃貸住宅仲介料補助
・リフォーム代補助
・引っ越し費用補助
・宿泊施設利用費補助

特定サービスのアウトソーシングとは

福利厚生のアウトソーシングには他にも特定サービスのアウトソーシングという選択肢もあります。福利厚生の中でも特に手厚くフォローしたい部分だけを専門でアウトソーシングする業者に頼む事を指します。
その中でも昔からの定番であり特に人気なものに食事面の福利厚生があります。主に社員食堂、宅配弁当(デリバリー)などがあります。近年社員の健康面をより強く意識することが求められてきており、食や健康にかかわる福利厚生を重点的に手厚くする企業が増えてきています。宅配弁当の手配は比較的簡単ではありますが、どうしても冷めてしまっていて味に対する満足度が低いことや、保存のきかない生野菜やフルーツなどが利用できないなどのデメリットがあります。しかし出来たての食事が提供される社員食堂は持つためのハードル(初期費用・厨房スペース)が課題になってしまい導入を断念する企業も多いかと思います。

セントラルキッチン方式での社員食堂について

セントラルキッチン方式での社員食堂について

シェフクックではセントラルキッチン方式での社員食堂の運営を得意としており、最低限の厨房設備やスペース、初期費用でも食堂を運営させていただくことができます。自社工場で仕込み・調理などの作業を行い、現地では再加熱をするだけの簡単調理で温かく美味しいお食事をご提供させていただけます。低コストで社員の健康面を支える食の福利厚生を提供することができます。もちろん社員同士のコミュニケーションや憩いの場としても食堂は効果を発揮します。詳細につきましては是非お気軽にお問合せフォームからご連絡ください。ご連絡お待ち申し上げております。

無料試食のお申し込みお問い合わせ
介護の食事 シェフクックのシェフズパック
採用情報はこちらから
仕出し・別注弁当についてはコチラ
社員紹介はこちらから
0280-33-3292

タップで電話がかかります。